ビジネスパートナー。オフィスりんのまるごと!会計事務は、埼玉や群馬を中心に、経営に役立つ会計事務を応援します。
ホーム > Category: 経理超ビギナーズ・ストーリー > ~もっと働きたい~

~もっと働きたい~

 - カテゴリ " 経理超ビギナーズ・ストーリー " -

 5月というのに真夏日だという金曜日。

 カツラさんは、いつになく机の前にすわり、名刺だとか古い封筒、チラシなどを拡げています。それらをいくつかの束にして、メモを付けたりゴミ箱に捨てたりしていると、チエさんが冷やした紅茶を机のはしに置きます。
「あっ、もう3時を過ぎたのか。細かい作業は、案外に時間のかかるものだね。まあ、だからこそ長年放りっぱなしだったわけだけれどね」 

 手招きをされて、チエさんはカツラさんの前に椅子を滑らせました。
「この紅茶、いかがですか。母がアルバイト先の事務所から、いただいてきたものです。茶葉がおしゃれな模様の缶に入っていて、ちょっと高級感のあるギフトで。やっぱり、労務士さんともなると手土産も上品ね、って。ウチが会社をやっていたころは、いただくのは駄菓子が多かったですよ」

 笑いながら、カツラさんは机の上の束に手を伸ばしました。
「一人でがむしゃらにやってきて、何かをいただくとか差し上げるとか、気を使っている余裕がもてなかった。駄菓子だって、気持ちは伝わるよ」

 それが、この二十年ちかい間、せいぜいおつきあいでお仕着せのカレンダーとかメモ帳だとかを配るくらい。今更だけど、あいさつや自分の言葉くらい届けようかと考えていました。

 

IMGP0154

カテゴリー: 経理超ビギナーズ・ストーリー   パーマリンク