ビジネスパートナー。オフィスりんのまるごと!会計事務は、埼玉や群馬を中心に、経営に役立つ会計事務を応援します。
ホーム > Category: 経理超ビギナーズ・ストーリー > 経理ビギナーズ・ストーリー ~給料をもらう~

経理ビギナーズ・ストーリー ~給料をもらう~

 - カテゴリ " 経理超ビギナーズ・ストーリー " -

 年末調整は所得税の精算が目的ですが、実際には住民税の申告という意味も含んでいます。
 年末調整したあとの年収や、そこから差し引いた保険などの金額を「源泉徴収票」に記入して、住所のある役所(区役所・市役所・町役場など)へ提出します。A4の半分ほどの大きさで、4枚複写になっています。
 今は、給料計算や年末調整は専用ソフトで行っていることが多いので、源泉徴収票もそこから印刷すると簡単です。
 チエさんは手書きですから、小さなマス目のなかに小さく数字を当てはめるのは手間がかかってしまいました。

 午後は、源泉徴収票を市役所に郵送します。4枚の内、上から2枚ずつを離して全員分をそろえます。市役所から送られてきていた「総括表」に、必要なことがらを説明通りに記入し、代表社印を押します。

 近くの食品スーパーへ食材を買いに出かけ、税務署と市役所宛ての封筒を投かんすると、少し肩が軽くなった気分です。それにしても、とチエさんは思います。「給料を払うのも貰うのも、タイヘンなことね」

DSC_0180

[説明]
 税務署に対して所得税を納めたり、加嶋ふとん のように0円の報告をする期限は、1月10日までです。(過去に納税が期限後だったことがなければ、1月20日までの延長が認められています)
 源泉徴収票を各市町村へ提出する期限は、1月31日です。
 また、税務署には「法定調書」とその「合計表」を、1月31日までに提出しなければなりませんが、このストーリー内では省略しました。
 詳しくは、税務署または専門家にお問合せください。

カテゴリー: 経理超ビギナーズ・ストーリー   パーマリンク