ビジネスパートナー。オフィスりんのまるごと!会計事務は、埼玉や群馬を中心に、経営に役立つ会計事務を応援します。
ホーム > Category: 経理超ビギナーズ・ストーリー > 経理超ビギナーズストーリー~給料をもらう~

経理超ビギナーズストーリー~給料をもらう~

 - カテゴリ " 経理超ビギナーズ・ストーリー " -

 チエさんは出かける支度をしながら、税務署から郵送されてきた「年末調整の説明会」の案内を確認します。加嶋ふとんとリブング・カツラの両方です。
 説明会の会場は、税務署の会議室です。チエさんは、今までに何度か参加していましたが、途中で居眠りをしてしまうのが常でした。でも、きょうは聞き漏らしのないようにと緊張しています。
 さらに、2か所分の資料を受け取るときに何か言われたりしたらどうしようかと、自分でもおかしいくらいドキドキしました。が、受け付けは事務的にすすみ、思わず「よしっ」と言って席に着きました。
 職員の説明を聞きながら、配布された「年末調整のしかた」という冊子に、書き込みをしていきます。自分の記憶があいまいだったことには赤マルで囲み、勘違いしていた部分は二重の赤枠です。
 2時間ほどの説明会がおわると、すっかり疲れてしまいました。カツラさんに電話で事情を説明し、直接帰宅することを認めてもらいました。

 家ではミチオさんが、来客に対応していました。チエさんの姿を見かけたミチオさんが、手招きをして来客を紹介しました。
 加嶋ふとんが顧問にしている税理士事務所の職員で、サワさんという男性です。

 

 

[説明]
 事業を行っていると、専門的な知識を必要とされる機会がたくさんあります。そのなかでも税金の計算は複雑で、多くの場合、税理士に依頼しています。
 税理士に支払う報酬は、その企業の規模や依頼する内容により異なります。
 また、税理士自身が全ての顧客に対応することが困難なときには、事務所の職員が税理士の代理として対応します。

カテゴリー: 経理超ビギナーズ・ストーリー   パーマリンク