ビジネスパートナー。オフィスりんのまるごと!会計事務は、埼玉や群馬を中心に、経営に役立つ会計事務を応援します。
ホーム > Category: 業務日記 > いまだに経理の意味を分かっていない経営者がいます

いまだに経理の意味を分かっていない経営者がいます

 - カテゴリ " 業務日記 " -

所得税の確定申告が終わり、後片付け・後始末に追われる日々の始まりです。

「もう税金がかかる所得はないのだから、住民税の申告だけで良いのに」

そう思うことが、経理事務所に勤務している頃からありました。
しなくても良い申告をさせて、売上を得ようとする あるいは 減らさないように
したいプロもいます。 疑問に思う方は、別のプロに質問してみると良いのだ
けれど なかなかできないようですね。

「申告」は 税金のための手続きですが、経理は その申告のための作業だと
考えているのではないかな?と思える経営者が まだまだいらっしゃる。

ごく小さな規模の事業であっても、その活動によって自分(経営者)が何をした
のかを見直すシステムです。
こういう事業者は、ご自分でできるだけ資料を集め、集計してみると、ムダや
不足が見えてくるのです。

経理というと、大きな企業が事務員さんを抱えて、税理士さんやコンサルタント
も交えて・・・というイメージを抱きやすいのですが、それは一度捨てて
みましょう。
さらに、作業ではなく 大切な仕事の一つ なのですが、それを理解していない
経営者も まだまだ多いですね。

来年の確定申告までには、自分で考えて作成した決算書にしてほしいと願いつつ
返却資料を片づけています。

カテゴリー: 業務日記   タグ: , ,   パーマリンク