ビジネスパートナー。オフィスりんのまるごと!会計事務は、埼玉や群馬を中心に、経営に役立つ会計事務を応援します。
ホーム > Category: 業務日記 > 年末の片付けで、デジカメが活躍。

年末の片付けで、デジカメが活躍。

 - カテゴリ " 業務日記 " -

事務を請け負っている企業で、事務室と倉庫の片付けと書類を整理している。

本来なら、3月決算なので総会終了後の6月に定期的に行う、年中行事にすべき。だが、いろいろと言い訳があり、手が付けられなかった。

それにしても、新たな資料を保管するのにスペースが足りなくなってきた。仕方なく埃にまみれながら、仕分けを始めた。自分の関わっていなかった10年以上も前のものから前年度までが、棚の奥に放り込んであるのだから、かなり時間がかかってしまっていいる。

ダンボールやら紙袋に、商品サンプルや消耗資材なども出てきて、スタッフに相談・確認をしなければならないものもある。当然なのだが、埃にまみれて引っ張り出してきたようなモノは、現在必要がない。でも、守備範囲を超えた処理は、確認しておくべきだ。

嘗て勤務していた事務所のボスが、部下に机の「ひき出し」整理を指示した。誰も手をつけたがらないので、ボスが外出している時間を見計らって整理をした。ところが、戻ったボスは大変な剣幕で怒り出した。ほかのスタッフは、青ざめてウロウロしている。「入っていた場所は変えていないこと・名刺や手紙が散乱していたのは一括して保存したこと・ファックス送信文など重要性の無いものだけを廃棄したこと」等々 を説明して、どうにか怒りを鎮めていただいた。

ボスにとって「ミステイク」な作業になってしまった・・・そんな経験から、廃棄報告書やチェックリストを作るようになった。

 

ことに、今回はデジタルカメラで、廃棄するものを映している。また、保存している消耗品類は、写真を写すと同時に印刷をして、保存用ダンボールに貼っている。・・・年内には終わりそうも無い・・・。

 

 

 

カテゴリー: 業務日記   タグ: , , ,   パーマリンク