ビジネスパートナー。オフィスりんのまるごと!会計事務は、埼玉や群馬を中心に、経営に役立つ会計事務を応援します。
ホーム > Category: 業務日記 > 会計ソフトへ入力しながらイラッとするのは、自分の性格の問題か。

会計ソフトへ入力しながらイラッとするのは、自分の性格の問題か。

 - カテゴリ " 業務日記 " -

お客様からの依頼で、会計データの代行入力を請け負っています。顧問の税理士事務所さんは、それぞれ薦めている会計ソフトがあり、それらを全てそろえることは無理なので「弥生会計」と「JDL出納帳」に限定しています。

個人的な経験から、比較的使いやすいのは「弥生会計」。仕訳入力をしている画面のまま、「摘要」の登録などができます。データをエクセルに変換できるので、会計資料を作るときに便利です。

ただし、うっかりマウスを動かしてしまい、入力後のデータを選択したことになっているので、あわててマウスを動かそうとして入力してあった数字を消してしまうことがあります。直前に処理したものなら、資料を確認しやすいのですが、そうでない場合にはかなりな道草になってしまうのです。こんなときには、ついイラッとしてしまいます。何の罪もないキーを力を込めて叩いたり、「あーっ!もーっ!」と声を上げたり。醜態をさらすことになっております。

ところで、この「うっかり」を無くすことは難しいものの、「振替伝票」の画面で入力をしたほうが、消えたデータの確認、修復は容易だと思います。ただし、入力をなさる方が慣れている画面は優先すべきでしょう。

 

カテゴリー: 業務日記   タグ: , , , ,   パーマリンク