ビジネスパートナー。オフィスりんのまるごと!会計事務は、埼玉や群馬を中心に、経営に役立つ会計事務を応援します。
ホーム > Category: 業務日記 > 自動販売機の受取手数料を見て、思うこと。

自動販売機の受取手数料を見て、思うこと。

 - カテゴリ " 業務日記 " -

ある店舗で、清涼飲料水の自動販売機を設置している。夏場と、春・秋の連休には賑わうものの、普段は閑散としている、そんな場所柄もあって、自動販売機の売上にはあまり注目していなかった。

それでも、節電がさかんに言われたこともあり、無駄ではないくらいの利益になっているのか、気になってきた。

自動販売機はC社とJ社が各1台。売上高は知名度の高いC社の方が多い。が、J社は売上に対する手数料の率がやや高いので、受取手数料の金額にそれほどの差はない。

月別に売上金額をグラフにすると、ほぼ同じ高低で推移している。

ここで考えた。知名度の差、というだけでJ社の自動販売機はC社に決して勝てないのだろうか。J社の売上が勝ってくれれば、収入が増えるのに・・・。二つ並んだ自動販売機を眺めながら、考えている。

 

 

カテゴリー: 業務日記   タグ: , ,   パーマリンク